アクロとスクルとしーちゃんが綴る、波乱万丈毎日がドタバタなMapleStoryの物語。


by mar_cancion

おまけ( ゚Д゚)b


~この話は、アクロが洗脳されるまでに至る話を教えよう…(By作者~

「…君にはこれから”仲間”になってもらうよ…。」

「…!!!…。」

驚愕するアクロ。

「…バジル、後は頼んだぞ…。」

「わーったよ。でも、お前はどうすんだ…?」

扉から出ていこうとするシオンに向かって、問いかけるバジル。

「…あいつらは恐らく、俺たちの居場所を知らないだろう…。」

「…それなら、やる必要ないんじゃないか…?正直面倒だしやりたくないんだが…。」

これからやることが相当面倒なのか、愚痴を述べるバジル。

「…たまには”ゲーム”をやるのも面白いだろう…?どの道スクルファーの方も捕まえるとなると、あいつらが邪魔するだろう…。それならこちらから誘い込めば手間が省ける…。」

「…それもそうか…。」

「…それじゃあ、俺はいってくる…。…なるべく念入りにな…。」

「分かってるさ。」

バタンッ



「…さてと、本当は女にこんなことするのは気が引けるんだが、あいつらが来るんだからな、最高のシナリオを用意しておかないとな…。」

「…い、いや…何…するんですか…?」

「…シオンも言った様に、お前には”仲間”になってもらう…。」

仲間ってのとはちょっと違うけどな、と心の中で呟くバジル。

「…ど、どういう意味…ですか?」

「…大人しくしてたほうが、苦しい思いをしないで済むぞ…。」

「!!」

何時描いたのか、アクロの下には、魔方陣が描かれていた。

「δβηγζμξχθΑωσαινλ」

聞いたことのない言葉で、詠唱を始めるバジル。

(…な、何が起こるの…?)

「ωσαινλζμξχθβηγζχθΑωσαι、精神操作!!」

カッ!!!

突如魔方陣が光り出した。

「…!!、きゃあああ!!」



「…これで洗脳は出来た…。後はこの指輪をつければ、洗脳が解けることもないだろう…。…最も、これが壊されたらおしまいだがな…。」

そう言って、アクロの薬指に鈍く光る黒い色をした指輪をはめた…。

『…う、うぅん…。』

気を失っていたアクロが目を覚ました…。

「…気分はどうだ?アクローチェ…。」

起きたばかりのアクロに問いかけるバジル。

『…はい、大丈夫です…。』

(…とりあえずは大丈夫そうだな…。)

…洗脳は成功していた。声に微妙な濁りが混ざっている…。

「今日からお前は、我らキニーネの一員、アクローチェだ。」

『…はい、宜しくお願いします、バジル様…。』

表情のないくすんだその瞳。

どこかとろんとした顔。

任務とおりに遂行し、成功した、成功したはずなのに…
バジルは、何故か複雑だった。
この時と同じぐらいの時間帯に、シオンがスクルファーたちに、アジトの居場所が書かれた紙切れを渡した…。

~これがアクロが洗脳されるまでに至った話だ。これからの展開は、激しくなっていくだろう…行く末の結末を、楽しみにしていてくれ…(By作者~
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-07 20:30 | しーちゃん

寝返りと言う名の絶望

「そ、それで・・・急いだほうが・・・いいと、思うのね?」
それは、アクロ奪回大作戦の会議を終えて、各々出発へ向けて用意していた時だった。
いつもぽんにゃりしているりあが、珍しく焦っているのだ。
『…何さ、アンタらしくもない。まあ、あの様子じゃアクロは向こうで手厚く扱われてるさ』
「そうじゃなくて・・・その・・・早くしないと、アクロちゃんがキズモノに・・・!
「「「ならないっ!」」」
『ならないから安心しろっ!っていうかお前あるまじき発言を!』




「それじゃ、いいですかー?これからアクロ奪回大作戦の行動を開始しまーす!」
「「「おー!」」」
「何か質問はー?(りあ)」
「はーい!(スクル)」
「はい!スクルちゃん!(りあ)」

立ち上がって質問をするスクル。

「そのー、サクラちゃんがいるっていうところは、どこなんかなぁ…?」
「え!?それは、いや、その……ゴニョゴニョ」

「「「…」」」

「その…えっと、わかんないや……ゴメンナサイ(りあ)」

恐怖の沈黙


『このバカぁああああああっ!目的地がない大作戦なんてきいたこともないよ!(みけ)』
「ふぇえええーっ!ご、ごめんなさいぃいいいい!(りあ)」
「た、隊長ぉ~…(サクちゃん)」
「ふぇえ・・・でも、でもぉ、一応あの石は反応を出してるからそれを辿っていけばいいかと!」
『そんな反応を感じ取れるやつがどこにいるんだよ!』

と、そこへ
「ここにいたか…。」
「「「「!!!」」」」
唐突にシオンが登場。
「何しにきたんだい…?」
戦闘態勢をとるみけ
「サクラちゃんを返してや!」
叫びながら詠唱を始めるスクル
「落ち着いたらどうだ?俺はお前らにアクローチェの居場所を教えにきただけだ…。」
「「「「え…?」」」」
シオンの意図がわからないみけは問い返す
「…どういうつもりだい?」
「別に居場所を教えたところで、お前らでは助けられないからだ…。」
「…なめられたもんだね…。」
構えるみけ
「まぁ、それでも助けたいというなら、ここに書いてある場所に来るといい。」
そう言って、一枚の紙切れを投げる
「楽しみにしているぞ…。」
そう言い、シオンは水に包まれて姿を消した…
「何だか知らないけど、あいつらが誘ってくるんだ。いってやろうじゃないか!(みけ)」
「そだね、招待されたんだし、受けないとね。(りあ)」
「なるべく頑張ります~。(サク)」
盛り上がる3人。だが、スクルは
「…でも、嫌な予感…。」
「…?何がだ?」
「だって、相手から誘ってきたって事は、それなりの罠があるってことやろぉ…?」
「そんなもん、あたしらにかかればちょちょいのちょいさ。(みけ)」
「…でも、胸騒ぎがするんよ…。サクラちゃん、無事やとええんやけど…。」
「…まぁ、ここでとまってても始まらない。とりあえずここに書かれているところにいってみよう。」
そして4人は、紙切れに書かれているアジトを目指して、意気揚々と出発するのであった。
そして、スクルの予感は的中することとなる…。

一方その頃のシオンたちは
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-06 23:19 | しーちゃん

「まぁ、助けが来たとしても邪魔者は排除するがな…。」

そう言って、シオンが席を立った。

「それはそうと、あいつは何をしている…。」

心なしか苛立っているようだ。

「…あいつって…?」

「一応、俺の相棒なんだが……最近サボりまくってるからな…。」

今回もサボリやがったし、と苛々した口調で喋っている。

(どんな人なんだろう…?)

アクロは考える、シオンの相棒の予想図を。

相当な怖い人を想像してるようだが。

その時、

ガチャッ

「ヨー。やっぱここにいたか。」

扉から男が一人入ってきた。

「やっと来たか、バジル…。」

(バジル…?)

そう、この男はバジル。

アクロ誘拐任務遂行の時に、忙しいと言ってサボったバジルだ。(実際は屁理屈を並べただけだが)

こんな奴でも、シオンの相棒をやっているのだから、世も末だ。(By作者

「遅いぞ。何処で何をしていた…。」

「だから言っただろ?暇と言う時間を楽しんでて、忙しかったんだって。」

「それはタダの屁理屈だ…。」

「それはそうと、今回連れてきたのはどいつだ?」

「(シカトしやがった…。)…こいつだ…。」

そう言ってアクロを引っ張る。

「きゃっ!」

力が強かったのか、転ぶ。

「…へぇ~。今回はアクローチェの方か。スクルファーとか言う奴の方は、どうした?」

「…アイツらと合流したんで、こいつだけ連れてきた…。」

「そうか…。」

少しの沈黙…。

「…ねぇ、アイツらって…?」

「…今に分かるさ…。」

「…?…」

頭に?を並べるアクロ。

「つーか、何時の間にこんなに打ち解けてんだ?お前ら。」

「そりゃあ、仲間になってもらう奴だ、打ち解けて置かないと色々と面倒だろう…?」

当然だろう、と言う風に答えるシオン。

「私は、仲間になるつもりなんかありません!」

相当仲間になるのが嫌なのか、大声で叫ぶアクロ。

「…バジル、スクルファーのほうは如何する…?」

「…それなら問題ない。お前が言ってたアイツらと一緒に、こいつを助けに、此処にこようとしている…。」

そう言ってアクロを指差す。

「…やはりそうか…。あの時後ろで誰かに見られていた感じはしたが…。」

そう言って、アクロの耳飾を握る。

りあがプレゼントした奴だ。

「…!やめて!それはりあちゃんにもらった、大事な耳飾…!」

「やはり此れに問題があったか…。」

「…?何だ、それは…」

バジルが問う。

「これは透視石だ…。」

「透視石っつーとアレか?宝石に似ていて、ある石と魔力で繋げておくと、その場所を見ることが出来るって言う…。」

「…そうだ。手に入れるのが困難な代物だ…。本で見たものと似ていたから、まさかとは思ったが…。」

シオンが顔を歪める。

(…りあちゃん、何時の間にそんなものを…。)

僅かながら、手際のいい友人に感謝するアクロ。

「ところでよー、シオン。この後、如何するつもりだ?」

「…何がだ…?」

意図が分からないのか、問い返す。

「この後、もう一人の標的(ターゲット)のスクルファーと、そのお仲間が来るんだろう?準備を何もしないのは流石に不味いだろう。」

「…そうだな…!おい、バジル、アレをやれ…。」

「…!アレか。しかしアレは面倒くせーよ。やる気が起きない。」

(…アレ?…何の事だろう…)

「…それに、アレをやって如何するつもりだ…?」

「…決まってるだろう…?アイツらに絶望と言うものを与えてやるのさ…ククククク…」

(今回のシオンは、何時にもまして黒いな…。)

…八割はお前のせいだと思うぞ、バジル…。(By作者

「…まぁ、仕方ないか。あまり女にこういう事するのは、好きじゃないんだが…。」

「計画のためだ、我慢しろ。」

「…わーったよ…。」

「…な、何するの…?」

女と言ったら、ここには自分しかいない。これから何をされるのか不安になり、怯えるアクロ…。

「…君にはこれから”仲間”になってもらうよ…。」

「…!!!…」


此処から先は次回に続く!(By作者
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-06 21:31 | しーちゃん

お知らせ

筆者にしーちゃんが追加されましたv
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-06 20:28 | アクローチェ

見習いクレリックのサク

 雨もやみ始めたヘネシス、相変わらずスクルとミケは小屋の下にいた。

 ”心当たりが…すぐにもどるから”

 とだけ言ってりあは近くにあったポータルを使い、どこかに立ち去ってしまい、ミケもそのあとを追いかけたがその時にはミケの姿はなかった、恐らくタクシーを使ったのだろう。
 しかたが無く、いってもりあのことだからしばらくすれば戻ってくるだろうと狩場に引き返し、何となくフラフラと何処かに行く危険性が高そうなスクルとは離れないようにしていた。スクルはというとデンデンで遊び飽きたらしく、今度は真面目にスルラ相手に変化魔法の練習をしていた。
3回やってやっと成功し狩場に少しデンデンが増えたがそれもつかの間、あっというまに元のスルラに戻ってしまった。それを見ていた周りの人は”マジック”でも見たかのように拍手を起こす。
 スクルにとってはほめられたのかけなされているのか分からず複雑な心境だった。
 ミケはというとカバンの中に入れていた青い椅子を取り出して寄りかかり、スクルの持っていた紙袋に入っていたリンゴを1つ貰いカシュっ!といい音をさせて食べていた。

 見上げると、青空がところどころ見えてきて、遠くにある世界樹に乾麺のような日差しがあたってるのが見えた。
 

10分後…
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-06 03:28 | スクルファー

目的、陰謀、そして策略

「まあ…1つ目の疑問から説明する。」
シオンが語り始める。
「お前をここに連れてきた理由…簡潔に言えば、俺達の組織がお前の能力を必要としている」
「……本当に簡潔ですね…」
「能力繋がりならあの女、スクルファーも対象外ではないのだが…アイツらと合流しちまったんで一旦引いた」
(アイツら…?)
アクロはスクルの事を思い浮かべた。確か、自分が市場に行く前はまだ1人だった筈…
(スーちゃん、誰と合流したんだろう…?)
「…何を考えている?」
「あ、いや、そ、それより組織っていうのは…?」
「…?まあ、説明すると…」
挙動不審なアクロの態度に不思議そうにしつつ、シオンの説明が始まる。

キニーネ―"Quinine"…とは、高い能力を持った者達が集まった組織、ということ―
シオンもその一員であること―
頭領は現在行方不明中で、今はシオン達が任務を遂行していること―

「…何だか、ろくな事をしていないような…」
「まあ、当然だな。殺人なんかは平気でする。その他にも拉致監禁人体実験」
さらっと言ってのけるシオンを前に、アクロは驚愕した―というか、呆れた。
「っていうか、そんなに情報さらさら教えちゃっていいんですか?」
「構わん。お前をここから出す気はないからな。伝達する危険性はない」
「…」
顔を伏せてしまうアクロを見て、シオンが喉で笑う。
「クク…心細いのか?」
「……っと…す…が……て……くれるから」
「あ?」
「きっと…スーちゃん達が…助けにきてくれるから…だから…

いい気になってんじゃねェ!

呟きから、いきなり怒声に変わってしまって、(本音ぽろり)アクロは自分でも驚いた。
しかし、シオンはさほど驚かずに、それどころか薄ら笑いを浮かべてアクロの方を見ている。
「ほぉ…威勢だけはいいみたいだな」
シオンの言葉に、アクロはまた顔を真っ赤にして俯いたのだった。

冒険者
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-05 12:18 | アクローチェ

お知らせ

以前のキャラ紹介の『バジル』の画像を追加しました。
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-04 20:04 | アクローチェ

雨のなかの3人

一方、様子を見ていたスクル・ミケ・りあの三人組は、りあの発明品でアクロが捕まった事を知り、おそらく一本縄では行かないだろうと想定した。
3人はヘネシス狩場の小屋の中で雨をしのぎつつ、アクロ奪還のための準備をしていた。

続き
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-04 13:21 | スクルファー
※ 今回の小説はクソ長いです




「…あわわっ」
物陰から、気配を殺して先ほどの一部始終を見ていた者がいた。
花の飾りがついているカチューシャを髪につけ、その髪は赤色。
ぼーっとした目つきの女性だった。
「あの人…、Lvは低そうだったけど…妙な能力持ってたからな…出ていかなくて正解だったワ」
独り言のように、呟く。
「…それより、アクロちゃんが…」
気がついたように慌て出す。
「まあみけに連絡しなくちゃねー」
女は、独り言のように言うと、とたとた走り出した。




「サクラちゃん、遅いなー」
雨が降り出したので、民家の軒下に移動したスクルは、まだ待ちどおしだった。
「…何かあったんかな?」
そのカンは正しい。
『…アレ?』

「あ…みけさん……でしたっけ?」
『そーよ、アタシがみけだけど・・・アンタ、アクロの友達…の…えーっと?』
「スクルファーです」
『そ、そうそう、スクルちゃん♪…で、スクルちゃんはここで何してんの?』
「えーっと…サクラちゃん…あ、アクロちゃんを待ってるんですけど…その…」
『…何?』
「市場にいってから、けっこー経つのに、戻ってこないんですよ」
『フーン…アクロのことだから、なんか厄介なことに巻き込まれてるかもな…』
「え、えぇっ?」

「おーいっ、みけーっ!」

その時。
2人の会話を遮って、雨の中を慌しく走って来る人物がいた。
先ほど一部始終を見ていた、彼女―りあ、である。

『……的中ビンゴビンゴ、かも…』
「ほえ?」
ぽつりと言ったみけの表情は、引きつっていた。




「ええええええ!?」
『…なるほど、アクロがねぇ…』
驚くスクルと、予想してました、と言いたげな顔のみけ。
『しっかし…あいつも、つくづく厄介事に巻き込まれるタイプだよなぁー』
「…今まで巻き込んできたの、みけじゃない?…今回は違うけど。」
「た、大変…!早く助けにいかな…!」
慌てるスクル。心なしか声が裏返っている。
「まあ慌てない慌てなーい」
アンタ少しは慌てろよッ!
全く焦る様子のないりあを、みけが叱る。
しかし、彼女は表情1つ変えずに、
「こんなこともあろうかと…アクロちゃんの耳飾を、特殊な石にしておいたのですー」
『…ああ、アレか…妙な色してると思ったら…』
それは9月の終わりのこと。
アクロの誕生日に、りあは何か不思議な光を放つ石の耳飾をプレゼントにしていた。
『…で、それはどう特殊なんだ?』
「…」
無言で、ポケットから何かの石を出したりあ。
手のひら大で、一見どこにでも転がっていそうな石ころ…
「…これ」
『え?』
差し出されるがままに、その石を受け取るみけ。
「…?」
スクルも、背伸びをして、石を覗き込む。
『…ただの石…うあっ!?』
ただの石じゃん、と言おうとしたが、突如石が眩い光を放ったので、その言葉は遮られた。
そして、光が収まった石に見えていたものは…
『アクロ!?』
「…サクラちゃん!?」

救出対象の様子を見る
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-03 23:07

キャラクター紹介

f0001552_18273346.gifみけ(通称) 17歳 167cm マスターシーフ




好き:食べれるものならなんでも・まっすぐな奴
嫌い:きのこ・ウジウジした奴
苦手:細かいこと
特技:柔道
能力:銃を扱える、乱射する、撃ちまくる

とにかく男勝りなマスターシーフ。
正義感が強く、気も強い。ついでに言えば力も強い。
故に、『途中で諦める』やつが大嫌い
『最初から諦める』『どうせ出来ないと決めつける』奴はもっと嫌い。
そんな彼女は、強く清く美しいマスターシーフです。
「…ブチ殺すよ☆」が口癖。




f0001552_18303923.gifりあ(通称) 17歳 162cm スナイパー




好き:甘いもの(ケーキ等)・お食事
嫌い:虫全般
苦手:ゴキブリ
特技:怪力
能力:怒りを雷に変える・動物の言葉を理解する

泣き虫で子供っぽい、今は珍しい純情乙女(?)タイプ。
ロマンチストで、自分の妄想に浸ることもしばしば。
ちなみに、人には懐きやすい。
言いかえると、どんな人にでもついていくので、目が離せない。
しかし芯も強く、困難にも立ち向かう勇気や根気があるので、実力はかなりのもの。
でもやっぱり泣き虫。




f0001552_19151427.gifサク(通称) 15歳 150cm クレリック




好き:甘々イチゴ
嫌い:ブルーベリー
苦手:自己中心的な人
特技:お絵かき
能力:???(本編で明らかに)

本名サク・クラリーネ。見習いクレリック。
料理が得意で、ある意味りあより女の子らしい
アクローチェのことを『アチェさん』と呼んでいる。
滅多に怒らないが、それでも彼女にも怒ることがあり、
それは魔王のごとく恐ろしい(らしい)
無愛想な恋人が悩みの種。
[PR]
# by mar_cancion | 2006-04-03 18:35 | キャラ設定