アクロとスクルとしーちゃんが綴る、波乱万丈毎日がドタバタなMapleStoryの物語。


by mar_cancion

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

魔法使いを目指して13


「スキル自体の説明は本に書いてあるとおり、あとは自分が習得したいと思ったスキルの先頭にある模様を軽くなぞるだけなんじゃ…そういうふうにな。」

そういって、ハインズはどこからか、別の本を取り出して模様をクルクルと慣れた手つきでなぞると、スキルの文字が光はじめた。
「そして、そのスキルを習得もしくは上達したいと念をこめる。」

軽く目をつぶったかと思うといきなり本の一部がまばゆいばかりの光を放ち、クラルは思わずめを細めた。
まぶしい視界の中でクラルが見たもの…
それは、文字が次々に空いた余白の部分に炙り文字のようにどんどん浮かび上がっていたのだ。
そして、光が収まるころには、詠唱文がはっきりと記されていた。
一息おいたあと、ハインズはクラルのほうをみて「どれ、かんたんじゃろう?」と笑って見せた。

目の前で起きた魔法習得のための動作が何かの儀式かの用に見えたクラルは、一段と目を輝かせて本を見つめていた。
しかしハインズは、人差し指をピンとたてて、1つ注意があるといった。
「この浮かび上がった詠唱文は、その人専用の文章。すなわち、他の魔法使いの先輩から本を借りても使えないから覚えとくんじゃぞ?あと、詠唱文を途中で中断すると、中断の仕方によっては魔力が暴発するから、最後まで詠唱に専念すること。」

その忠告にハイ!と元気よく返事をするが、全部果たして理解できているのかとハインズは不安になった。
[PR]
by mar_cancion | 2008-03-25 20:12 | 別作

小さな記憶

f0001552_956435.jpg
----------------
今回はスクルが考えた
ミケ・ツヴェvsアクロの小説の続きを
非公開でUPします^^;
----------------




ミケの分身が一斉にアクロめがけて飛び掛る。

「…いやぁッ!」
身を縮め息を詰まらせる、そのときアクロが何かを思い出したかのように、一瞬ひるんだったのだ。

「!?」

しかし、アクロは目をキッとさせ、再び元のアクロに戻ってしまった。
だが、たった一瞬のアクロの異変にもミケは気づいてしまった。

 今のアクロの様子…なんかおかしい!
 昔、シーブースかけたってあんなに怖がるどころか笑ってテレポートで逃げてたのに…

 もしかして、拉致されるときのことを体が覚えていたのか…?


「俺もミケに見習って、分身でも作るかな?
 ―・・・いくぜっ!シャドーパートナァァァッ!!

そういって、考えこむミケをよそにツヴェは青い石を出したかと思うと、いきなり背後に黒い魔法陣のようなものが浮かび、それともに文字通り、ツヴェールのそのものの”影”が具現化されたのであった。

「なにさ?そのスキル…」
「おいおい…同じ盗賊なんだから、ミケぐらいには知っておいてほしかったなぁ…」
そういい苦笑いな様子のツヴェ、
ミケは専門が違うんだから仕方ないでしょと悔しそうな顔。
 
「このスキルは、俺自身の”影”に意思を持たせて、俺の攻撃を助けてくれるんだ。もっともコイツ自身は影だから、攻撃を受けないし、影だから俺とまったく同じ行動をとる…。」
「つ・ま・り、攻撃力が二倍になるってこと?」

大体の効果が理解出来たのか、話に割ってはいる。

「・・・大体そういうことだ、俺が攻撃受けたら影も攻撃を受けるけどな。」
「あー。」
そういって、少し目線をそらす。

「…ってことはツヴェへのツッコミも2倍必要なのね?あぁ、なんて面倒なスキル」

『大きなお世話だ!』

そのツヴェの突っ込みと、出来立ての分身の突っ込みがまったく一緒の動きをしたのはいうまでもない。
[PR]
by mar_cancion | 2008-03-21 03:53 | スクルファー