アクロとスクルとしーちゃんが綴る、波乱万丈毎日がドタバタなMapleStoryの物語。


by mar_cancion

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

流浪人と落とし者

 「くっ…よいせっ…と!」

 スクルがゾンビと戯れているのと同じ頃、雪山のとある場所…断崖絶壁ともいえるようなゴツゴツとした岩肌を命綱も付けず少しずつ上っていく男が1人。
 金色の瞳に色白と迄は言えないがそれなりに白い肌に、ここではさぞかし寒いであろう黒いジパングの黒い民族衣裳を身にまとい、髪は褐色で男にしては長く、一つに束ね、背中には重そうな荷物の入った包みをかろい、ただひたすら上に上っていく。

  「上はまだまだ先か…ま、これも一つの修業だと思えば…」
 そう言いながら、ふと制止する…何かの気配を感じるのだ。

  (…ん?何かが上から近づいてくるな…。
   …あれ?まてよ…今この状況で上から近づいてくるってことはすなわち…)

 「……ぅわぁぁぁああっ!


 気付いたのと同時に自分の上方から誰かが落ちてくるのが見えた。

 「な、な…!?危ないっ!」
 男はとっさに岩を蹴り飛び上がる…その落ちてくるものを受けとめたのだった。
 「きゃんっ!」
 「…大丈夫ですか?…お嬢さん。」

 そう、落ちてきたのはこの男の言葉からわかるように、1人の少女だった。

 「あ…ありが…」
 目をぱちくりさせながら、お礼を言おうとした少女はあることに気付づき、言葉を失った。
 それを見た男はにこやかにほほ笑み誤魔化すように言葉をつなぐ

 「…―お嬢さん。私と自由落下と言う名の方法で谷底への小旅行はいかがですか?」

 そういってふっ…と再び落下を始め、男に抱えられた少女はすっかり血の気も引き、目を見開き必死になにかを伝えようと口をぱくぱくさせる。
 …が声がでない、深呼吸し自分を落ち着かせた少女がやっとの思いで声を絞りだした。


 「…拒否権…つかっても…ええ?」


 男は"使えるのなら是非つかって下さい"と笑顔で答える。

 「ひゃあぁぁ…っ!」
 それを聞いた少女は悲鳴をあげ、しばらくして"もうダメだ"とでもいうように男の腕のなかで気を失った。
[PR]
by mar_cancion | 2006-06-26 01:00 | スクルファー

The clergyman that she fights

シオンVsルーク&サク。
戦闘開始、及び反撃宣言から数十分。
戦況は・・・

「あ、ちょ、タンマ、うわあっ!」
『るーくさん逃げてばっかりっ!』
「うるさいな!これには山よりも深く海よりも高い訳が・・・!」
『そんなに大げさな理由はない上に、意味わかんないですよるーくさん!そんなんじゃあエドウィナ母さんがるーくさんの背中に呪いのお札を・・・!』
「アンタもわけ分からんわ!!!」

反撃宣言前から、まったく変わっていませんでした。(むしろ悪化)

彼女は 戦う聖職者だ!
[PR]
by mar_cancion | 2006-06-19 00:39 | アクローチェ

聖者の逃走

 ザっザっザっと雪原を急ぎ駆け抜ける影…スクルは息を切らせ、魔法を併用ながら必死に走る。
 そのスクルを追うゾンビの数は一行に減らず、むしろどんどん増えていった。 
 「うわぁぁぁぁぁ!ついてこんでよぉぉぉっ!!」
 スクルの訴えも虚しくどんどんその数を増やしているようだった。
 何か打開策はないかと必死に頭を捻る…するとあることを思い出した。
 「そうや…コイツらみんなアンデット系かぁ…なら」
 そういって治癒魔法・ヒールを何を考えたか相手にかける。しかしかけられたゾンビは回復するどころかもがき苦しんでいた
 「やった!やっぱり聖魔法は苦手なんや♪」
 それでもまわりにいたゾンビはスクルのほうへ尚も進む…
 「こんでっていっと-やろぉ!?」そういってさらにヒールをかける…。あまりにもの苦しみにゾンビ達も反撃にでた。
 「おぉ…ぉ…っ…!」
 そういって、マジッククローにもにた攻撃を放つ。
 「ったぁ…!」テレポートで避けようとしたものの、複数の攻撃のため避け切れず傷を追う、負った傷をいやすため再度ヒールをするが、それはますます敵を増やす結果になった。
 「うぁ…わぁぁぁっ!」
 "もっていくだけ"と約束したはずのモップを大きく振り回し、よろめきながらも急いでまた逃げる、幸いゾンビの足は遅く逃げ切れそうだった。


 そんなスクルを木のうえから見つめる一つの人影
 「お…?なんかおもしろそうなことになってる」
 スクルの様子を見てほっそりと哂う…
 「そうだ、もっとおもしろくしてみるかな…?」
 何やら思いついたように、詠唱しはじめる。ただ、すぐに唱えおわった点で見ると魔法使いの使う詠唱文とは違うようだった。

 「―…さぁ…手駒は揃った…あとはスクルファー、俺をぞんぶんに楽しませてくれよ…」




一方、スクルは…
[PR]
by mar_cancion | 2006-06-14 22:23 | スクルファー

戦前 ―静寂と闇―

 日も暮れ、煌めく数々の星も、大きな月さえも見当たらない少し恐怖を感じるような暗闇、その闇をどこをみるわけでもなくただ眺めている少女…その少女の瞳に何かが写る。

 「ライア…皆様の様子はどうでしたの?」

 そういいながら、今滑空して、窓の縁に逆さまにぶらさがったばかりの一匹のコウモリのような生きものに語りかける少女…赤い大きなリボンによって結われた髪は、窓の傍に置いてあったランプの光に似た綺麗なオレンジ色で風に流されさらにキラキラひかる…
 それはまるで人形の如くの可愛らしさだったが、愛らしいはずのガラスのように透き通った碧い瞳もまた、どこか人形の目のように冷たく悲しいものだった。
 『ライア』と呼ばれたコウモリのような生きものは、チーチーと話し掛けるように鳴き、その声に少女は耳を傾けた。
 「…え?バジル様が…?」
 どうやら少女にはライアの言葉がわかるらしく、驚いたように言葉をつまらせる…だが依然顔は無表情なまま。
 「まぁ…バジル様程の実力者が…それはそれは…相手は相当な実力者…厄介そうですわね?ありがとうライア、また引き続き調査お願いしてもよろしくて?」その声を聞き届けるとライアはぱっと飛び立ち、また真っ暗な暗闇のなかへと消えていった。
 「ふぅ…一刻も早く誰かに報告しなくては…」
 「パル、ライアはなんだって?」
 ぎぃ…と重々しいドアが開いて一人の少年が部屋に入ってくる…ちょうど『パル』と呼ばれた少女と同じぐらいの年に見える赤髪の少年、ただパルとは対照的に活発そうだった。
 「サク…」
 パルは少年の方ををむいてそういった、どうやら少年のほうは『サク』というらしい。
 「バジル様が……敵に負けたそうですの…。」
 「え!?バジル様が!?」
 不意に声が大きくなる、少年は目を丸くしてひどく驚いた。そしてしばらく考え込んでからパルに問いかける。
 「誰にやられたかはわかったのか?」

 「…ええ、どうやら例の能力者の『スクルファー』と、アクロお姉さまを取り返そうと企む仲間の一人…確か女性スナイパーで名前は『りあ』と言っていたそうですわ。」
 するとパルは深刻そうな顔をする…
 「それで、バジル様は…?まさか奴らに殺られたわけじゃないだろうな…!?」そんなことは絶対にないと自分にいいきかせるサク。
 「そんなに心配しなくとも…敵もさすがに聖職者だけあって、そこまで無慈悲では無かったようです…今は木に縛りつけられてるようですわ」
 それを聞いてサクはほっと胸を撫で下ろす。それと同時に縛り付けられたバジルを想像したのか少し吹き出していた。
 「サク…!笑っている場合ではありませんわ、相手が無事ということは、別に戦っている仲間に合流して戦力が上がってしまうということ…早く手を打たなければアクロお姉さまだって危ういのですよ!?…もちろんシオン様だって…!」
 真剣な表情でサクに訴えかけるパル、よっぽど心配にみえるが、シオンはとって付けたようないい方だった。本人はそのことに気付かず額に手をあて落ち着かない様子で左右を往復した。
 「…ということは、そろそろオレの出番ってとこだな?」サクは少し嬉しそうに自分の剣をみながらそういった。
 「サク一人じゃ無謀すぎですわ!バジル様でさえ負けたのですよ!?いくら合流するためバラバラになってるからっ…」そういいながらふと、パルはあることに気付く
 「そうよ…今標的は1人じゃない…!」
 「え!?そうなのか?なら尚更今が絶好のチャンスじゃん!」そういってサクはより一層嬉しそうに話す。剣を鞘から抜き、まじまじと眺めていた。
 「でも油断は禁物…サクは無鉄砲だし余計に心配だわ、こうなったら卑怯かも知れないけど、サクと私のタッグで最善を尽くしましょう…!」
 「ああ!オレとパルの無敗の双子の力みせつけてやろうぜ!」
 強くうなずき無邪気な笑みを浮かべるサク、剣をしまうと一目散に部屋をでようと走りだした。
 「サク!出発報告しなきゃ…!」あわててサクに言い聞かせるその声は普段より少しばかり大きくなった。
 「パルやっててくれよ、オレ武器や装備整えてくる」そう言い残して部屋をでてしまった。ふぅとため息を付き、しばらく考えてパルも支度をし始めた。

 「アクロお姉さま…どうかご無事で…!」
[PR]
by mar_cancion | 2006-06-04 00:22 | スクルファー