アクロとスクルとしーちゃんが綴る、波乱万丈毎日がドタバタなMapleStoryの物語。


by mar_cancion

<   2006年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

冷酷な高等聖術者

※今回も物凄く長いです。ご注意ください
:・:・:・:・:・:

 ギルのだす威圧感に少し不安を覚えるりあとスクル。

 「お前ら、俺もプリーストって知ってるか…?こんななりだがな…」
 そういってもっていた杖を一振り…“ひゅぉぉ”と斬られた空気が悲鳴をあげる。
 とてもじゃないが聖魔法には見えないが相当な力をもっているのだけは2人にもわかった。

 「…お遊びも終わりだ…」
 そういった次の瞬間にギルもサモンドラゴンを召喚する。
 ほんの一瞬のうちに詠唱文を読み上げるほどのレベル…
 スクルも同じプリーストだが、とてもこんな一瞬では到底できないような術だった。

 あっという間に出現したサモンドラゴンは漆黒の姿で鮮血を思わせるかのような透き通った赤く冷たい目
 本当に聖龍なのかと疑いたくなる。そしてその黒龍の出現には紅鮭もおどろいたようだった。



 「黒龍対紅龍…。どっちのほうがつえーかな…?」
 そういって右手で宙を撫でたかと思うとそれにあわせてギルの黒龍が紅鮭を目がけて襲い掛かる。

 「べ…紅鮭!」
 スクルはただ気遣う事以外何もできない現状にどうすることもできなかった。

 「おっと、今のお前には龍の心配なんかしてる暇はないはずだぜ?」
 そういってギルはディスペルを瞬時にかける。

 「しもたぁ…!」
 ギルのディスペルのせいでりあもスクルもスキルが使えなくなってしまったのだ。
 りあはスナイパーで弓だけなら容易に打つことはできたが、スキルを使う事を主とする魔法使いのスクルは、技を無理矢理使おうとしても苦しくなる一方でまったく使えず、涙目ながらもキッ…と悔しそうに睨む。
 それをみたギルは相変わらず冷酷な笑みを浮かべた。

 「そんな目で睨まれても可愛い以外のなにものでもないぜ…?なぁ…スクルファー?」
 そういっていつのまにやら背後に回って、ギルはまるで子供を扱うように頭をぽんぽんと軽くたたく…。
 だがその目は以前として冷たいまま。
 スクルが振り替えるころにはすでに違う方向にいた。

 「テレポート…」

 思わずスクルはつぶやいた…
 悔しいのかもう一度ぐっと杖に力を送るがそれに答えてくれず、ただ魔力を無駄に消費するだけだった。
 あまつさえ力の差が大きくあるのに、ましてスキルが使えないという、逃げるすべも戦うすべも無くし“翼をもがれた鳥”のようにただ無力な自分が歯痒くてなさけなかった。



 “―ディスペルさえ溶ければ…!―”


 早く解けて欲しいと願うスクル、それを尻目にりあはこんな時こそ私がしっかりしなきゃ…!と再度意気込む。

 「魔法使いの方は今は無力だし…今のうちに邪魔者は始末するか」
 りあも負けずに言い返す
 「そう簡単にはいかせませんよ…?返り打ちという結果に終わらせてみせます!」

More
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-25 18:31 | スクルファー
 りあとスクルとギルは、互いに相手の隙の空く時を見計らい、動くに動けなくなっていた。
 じり…と足を半歩もすすめられないが、先に動いたほうが間違いなく不利になる。
 そんな状況に、さすがのスクルでさえもその状況がわかったのか握った拳を解けないままでいた。

 わずかにスクルの唇が震える。
 その時をギルは見逃さずにスクルに向けて魔法を放つ、りあももちろんその攻撃を許す分けなく、とっさにスクルの前にパペットという身代わり人形を出し、アローボムで応戦するが、ギルも戦い慣れているのであろう、ガードやマジックガード等の防御スキルを瞬時に駆使する。
 「甘いな」ギルは挑発的なことばをはき捨てる。
 だが普段はぽけぽけなりあも、戦い慣れているのは同じだった。

 「さぁ?甘いのはどっちかな?」とさらりと流す。
 りあと互いに攻防を繰り返すような状態でギルはつぶやくようなわずかな声を聞き取った。


 ―……蒼き聖龍よ…聖人ハイリゲの契約の元我に力をかしたまえ…
 
「な…っ!?しまった」ギルが気付くが時既におそし。
 “「サモンドラゴ―――ンっ!」

続き・サモンドラゴン登場
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-21 19:13 | スクルファー
「サクラちゃん…?」
先ほどまで目を回していたスクルは、みけ達の声に反応して屋根を見上げていた。
「アチェさん…!」
同じく、サクもスクルに寄り添いつつ、驚いた表情でアクロを見上げている。
「…何があったんだろう?」


「…何で?何で攻撃…してくるの?」
りあは、言い終えたあとに気付いた。
アクロの瞳が濁って、くすんでいる事に。
そして、当の本人も休むことなく次の攻撃を仕掛けてくる。
『…くっ!…そこの奴―シオン!アクロに何したんだ!?』
アクロの攻撃を紙一重で避けつつ、みけがシオンに向かって叫ぶ。
「…俺は何もしていないが?」
『とぼけるな!』
不意に、シオンとはまた違った声が聞こえた。
「とぼけてねぇさ、アイツを洗脳してやったのは…俺だ」
「誰!?」
いつの間にかりあの背後に、見知らぬ男がいた。
乱れた髪の毛。
やる気のなさそうな目つき。
「ああ、…一応自己紹介しておくか…」
素早く弩を構えたりあから離れる。
「俺はギル。―言っておくが、俺は『キニーネ』の一員だ。つまり―」
「私達の敵ってことね」
「そういうことになるな」
途中から口を挟んだりあの発言をさらりと流す。
『くッ…!洗脳した…って…!?』
アクロの攻撃の対応に苦戦しつつ、それでも問い掛けるみけ。
「そのままの意味だ、ちょっとばかし暗示をかけさせてもらったのさ…
まあ、簡単に言うと俺らのいいなりってことだな」
りあは胸の奥に激しい憤りを覚えた。
奴ら―キニーネは、人の心を弄んでいる―
怒りを押し込めて、出来るだけ冷静に、と自分に言い聞かせる。
りあもまた、自分を見失わないようにする術を知っていたのだった。


スクルとサクは、屋根の下からそれぞれの激闘を傍観していた。
「…何か…私達…出番ないかも…ね?」
「…そうやねぇ…」
ぼーっとしていた2人は、スクルの回りの地面が黒くなっていることに、気付かなかった。
そして…
「うひゃあっ!」
「きゃあっ!」
黒くなり、湿っていた地面からいきなり細い形状に変化した水が飛び出して、アクロの時と同じように2人の手足を縛った。
「標的二人目"スクルファー"捕獲…何か余計なものが混じってるようだが…」
いつの間にか傍に寄っていたシオンが、呟く。
「なっ!?」
宙に浮かされていたサクが講義の声をあげた。
「ちょっと!どういうこと!?私は余計なもの扱い!?」
「…五月蝿い、黙れ…」
急に騒ぎ出したサクの首筋に、冷たく鋭利な手裏剣が押し当てられて、
「死ね…」
一気に突き刺そうとした時、

でやああぁあああっ!
赤い人影が高速で飛び込んできて、シオンが持っていた手裏剣を弾き飛ばすと、そのままシオンの腹に強烈な蹴りを食らわせた。

こ、こいつは一体…!?
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-08 18:07 | アクローチェ

廃墟の戦慄

※ 今回はみけの推測が目立つので、細かい考え方が嫌いな人は見ないほうが。

『着いた…のか?』
アクロ奪回一行が目的地―地図に書かれた場所に着いた頃には、もう夕方になっていた。
目的地。
その場所は外見こそ立派なものの、壁には数多の蔦が這っていて、もう人が住んでいない屋敷―いわゆる廃墟、というやつだ。
中を掃除すれば人が住めなくもないように思えるが、好んでこのようなところに住む人は、よっぽどのマニアか、ホームレスぐらいだろう。
そう思うほど、不気味だったのだ。
「…本当にここ?隊長、うっかりして地図逆さに見てないですか?」
「ふえ……ちょっとは信用してよう~…そんなに信用できないなら、確認してよ確認ー!」
拗ねた様子でりあに地図をつきつけられたサクは、大いに困っているようだ。
そんな様子を横目で見つつ、みけはその古びた建物を観察していた。

細かいみけの仮説と…
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-08 00:21 | アクローチェ

おまけ( ゚Д゚)b


~この話は、アクロが洗脳されるまでに至る話を教えよう…(By作者~

「…君にはこれから”仲間”になってもらうよ…。」

「…!!!…。」

驚愕するアクロ。

「…バジル、後は頼んだぞ…。」

「わーったよ。でも、お前はどうすんだ…?」

扉から出ていこうとするシオンに向かって、問いかけるバジル。

「…あいつらは恐らく、俺たちの居場所を知らないだろう…。」

「…それなら、やる必要ないんじゃないか…?正直面倒だしやりたくないんだが…。」

これからやることが相当面倒なのか、愚痴を述べるバジル。

「…たまには”ゲーム”をやるのも面白いだろう…?どの道スクルファーの方も捕まえるとなると、あいつらが邪魔するだろう…。それならこちらから誘い込めば手間が省ける…。」

「…それもそうか…。」

「…それじゃあ、俺はいってくる…。…なるべく念入りにな…。」

「分かってるさ。」

バタンッ



「…さてと、本当は女にこんなことするのは気が引けるんだが、あいつらが来るんだからな、最高のシナリオを用意しておかないとな…。」

「…い、いや…何…するんですか…?」

「…シオンも言った様に、お前には”仲間”になってもらう…。」

仲間ってのとはちょっと違うけどな、と心の中で呟くバジル。

「…ど、どういう意味…ですか?」

「…大人しくしてたほうが、苦しい思いをしないで済むぞ…。」

「!!」

何時描いたのか、アクロの下には、魔方陣が描かれていた。

「δβηγζμξχθΑωσαινλ」

聞いたことのない言葉で、詠唱を始めるバジル。

(…な、何が起こるの…?)

「ωσαινλζμξχθβηγζχθΑωσαι、精神操作!!」

カッ!!!

突如魔方陣が光り出した。

「…!!、きゃあああ!!」



「…これで洗脳は出来た…。後はこの指輪をつければ、洗脳が解けることもないだろう…。…最も、これが壊されたらおしまいだがな…。」

そう言って、アクロの薬指に鈍く光る黒い色をした指輪をはめた…。

『…う、うぅん…。』

気を失っていたアクロが目を覚ました…。

「…気分はどうだ?アクローチェ…。」

起きたばかりのアクロに問いかけるバジル。

『…はい、大丈夫です…。』

(…とりあえずは大丈夫そうだな…。)

…洗脳は成功していた。声に微妙な濁りが混ざっている…。

「今日からお前は、我らキニーネの一員、アクローチェだ。」

『…はい、宜しくお願いします、バジル様…。』

表情のないくすんだその瞳。

どこかとろんとした顔。

任務とおりに遂行し、成功した、成功したはずなのに…
バジルは、何故か複雑だった。
この時と同じぐらいの時間帯に、シオンがスクルファーたちに、アジトの居場所が書かれた紙切れを渡した…。

~これがアクロが洗脳されるまでに至った話だ。これからの展開は、激しくなっていくだろう…行く末の結末を、楽しみにしていてくれ…(By作者~
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-07 20:30 | しーちゃん

寝返りと言う名の絶望

「そ、それで・・・急いだほうが・・・いいと、思うのね?」
それは、アクロ奪回大作戦の会議を終えて、各々出発へ向けて用意していた時だった。
いつもぽんにゃりしているりあが、珍しく焦っているのだ。
『…何さ、アンタらしくもない。まあ、あの様子じゃアクロは向こうで手厚く扱われてるさ』
「そうじゃなくて・・・その・・・早くしないと、アクロちゃんがキズモノに・・・!
「「「ならないっ!」」」
『ならないから安心しろっ!っていうかお前あるまじき発言を!』




「それじゃ、いいですかー?これからアクロ奪回大作戦の行動を開始しまーす!」
「「「おー!」」」
「何か質問はー?(りあ)」
「はーい!(スクル)」
「はい!スクルちゃん!(りあ)」

立ち上がって質問をするスクル。

「そのー、サクラちゃんがいるっていうところは、どこなんかなぁ…?」
「え!?それは、いや、その……ゴニョゴニョ」

「「「…」」」

「その…えっと、わかんないや……ゴメンナサイ(りあ)」

恐怖の沈黙


『このバカぁああああああっ!目的地がない大作戦なんてきいたこともないよ!(みけ)』
「ふぇえええーっ!ご、ごめんなさいぃいいいい!(りあ)」
「た、隊長ぉ~…(サクちゃん)」
「ふぇえ・・・でも、でもぉ、一応あの石は反応を出してるからそれを辿っていけばいいかと!」
『そんな反応を感じ取れるやつがどこにいるんだよ!』

と、そこへ
「ここにいたか…。」
「「「「!!!」」」」
唐突にシオンが登場。
「何しにきたんだい…?」
戦闘態勢をとるみけ
「サクラちゃんを返してや!」
叫びながら詠唱を始めるスクル
「落ち着いたらどうだ?俺はお前らにアクローチェの居場所を教えにきただけだ…。」
「「「「え…?」」」」
シオンの意図がわからないみけは問い返す
「…どういうつもりだい?」
「別に居場所を教えたところで、お前らでは助けられないからだ…。」
「…なめられたもんだね…。」
構えるみけ
「まぁ、それでも助けたいというなら、ここに書いてある場所に来るといい。」
そう言って、一枚の紙切れを投げる
「楽しみにしているぞ…。」
そう言い、シオンは水に包まれて姿を消した…
「何だか知らないけど、あいつらが誘ってくるんだ。いってやろうじゃないか!(みけ)」
「そだね、招待されたんだし、受けないとね。(りあ)」
「なるべく頑張ります~。(サク)」
盛り上がる3人。だが、スクルは
「…でも、嫌な予感…。」
「…?何がだ?」
「だって、相手から誘ってきたって事は、それなりの罠があるってことやろぉ…?」
「そんなもん、あたしらにかかればちょちょいのちょいさ。(みけ)」
「…でも、胸騒ぎがするんよ…。サクラちゃん、無事やとええんやけど…。」
「…まぁ、ここでとまってても始まらない。とりあえずここに書かれているところにいってみよう。」
そして4人は、紙切れに書かれているアジトを目指して、意気揚々と出発するのであった。
そして、スクルの予感は的中することとなる…。

一方その頃のシオンたちは
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-06 23:19 | しーちゃん

「まぁ、助けが来たとしても邪魔者は排除するがな…。」

そう言って、シオンが席を立った。

「それはそうと、あいつは何をしている…。」

心なしか苛立っているようだ。

「…あいつって…?」

「一応、俺の相棒なんだが……最近サボりまくってるからな…。」

今回もサボリやがったし、と苛々した口調で喋っている。

(どんな人なんだろう…?)

アクロは考える、シオンの相棒の予想図を。

相当な怖い人を想像してるようだが。

その時、

ガチャッ

「ヨー。やっぱここにいたか。」

扉から男が一人入ってきた。

「やっと来たか、バジル…。」

(バジル…?)

そう、この男はバジル。

アクロ誘拐任務遂行の時に、忙しいと言ってサボったバジルだ。(実際は屁理屈を並べただけだが)

こんな奴でも、シオンの相棒をやっているのだから、世も末だ。(By作者

「遅いぞ。何処で何をしていた…。」

「だから言っただろ?暇と言う時間を楽しんでて、忙しかったんだって。」

「それはタダの屁理屈だ…。」

「それはそうと、今回連れてきたのはどいつだ?」

「(シカトしやがった…。)…こいつだ…。」

そう言ってアクロを引っ張る。

「きゃっ!」

力が強かったのか、転ぶ。

「…へぇ~。今回はアクローチェの方か。スクルファーとか言う奴の方は、どうした?」

「…アイツらと合流したんで、こいつだけ連れてきた…。」

「そうか…。」

少しの沈黙…。

「…ねぇ、アイツらって…?」

「…今に分かるさ…。」

「…?…」

頭に?を並べるアクロ。

「つーか、何時の間にこんなに打ち解けてんだ?お前ら。」

「そりゃあ、仲間になってもらう奴だ、打ち解けて置かないと色々と面倒だろう…?」

当然だろう、と言う風に答えるシオン。

「私は、仲間になるつもりなんかありません!」

相当仲間になるのが嫌なのか、大声で叫ぶアクロ。

「…バジル、スクルファーのほうは如何する…?」

「…それなら問題ない。お前が言ってたアイツらと一緒に、こいつを助けに、此処にこようとしている…。」

そう言ってアクロを指差す。

「…やはりそうか…。あの時後ろで誰かに見られていた感じはしたが…。」

そう言って、アクロの耳飾を握る。

りあがプレゼントした奴だ。

「…!やめて!それはりあちゃんにもらった、大事な耳飾…!」

「やはり此れに問題があったか…。」

「…?何だ、それは…」

バジルが問う。

「これは透視石だ…。」

「透視石っつーとアレか?宝石に似ていて、ある石と魔力で繋げておくと、その場所を見ることが出来るって言う…。」

「…そうだ。手に入れるのが困難な代物だ…。本で見たものと似ていたから、まさかとは思ったが…。」

シオンが顔を歪める。

(…りあちゃん、何時の間にそんなものを…。)

僅かながら、手際のいい友人に感謝するアクロ。

「ところでよー、シオン。この後、如何するつもりだ?」

「…何がだ…?」

意図が分からないのか、問い返す。

「この後、もう一人の標的(ターゲット)のスクルファーと、そのお仲間が来るんだろう?準備を何もしないのは流石に不味いだろう。」

「…そうだな…!おい、バジル、アレをやれ…。」

「…!アレか。しかしアレは面倒くせーよ。やる気が起きない。」

(…アレ?…何の事だろう…)

「…それに、アレをやって如何するつもりだ…?」

「…決まってるだろう…?アイツらに絶望と言うものを与えてやるのさ…ククククク…」

(今回のシオンは、何時にもまして黒いな…。)

…八割はお前のせいだと思うぞ、バジル…。(By作者

「…まぁ、仕方ないか。あまり女にこういう事するのは、好きじゃないんだが…。」

「計画のためだ、我慢しろ。」

「…わーったよ…。」

「…な、何するの…?」

女と言ったら、ここには自分しかいない。これから何をされるのか不安になり、怯えるアクロ…。

「…君にはこれから”仲間”になってもらうよ…。」

「…!!!…」


此処から先は次回に続く!(By作者
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-06 21:31 | しーちゃん

お知らせ

筆者にしーちゃんが追加されましたv
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-06 20:28 | アクローチェ

見習いクレリックのサク

 雨もやみ始めたヘネシス、相変わらずスクルとミケは小屋の下にいた。

 ”心当たりが…すぐにもどるから”

 とだけ言ってりあは近くにあったポータルを使い、どこかに立ち去ってしまい、ミケもそのあとを追いかけたがその時にはミケの姿はなかった、恐らくタクシーを使ったのだろう。
 しかたが無く、いってもりあのことだからしばらくすれば戻ってくるだろうと狩場に引き返し、何となくフラフラと何処かに行く危険性が高そうなスクルとは離れないようにしていた。スクルはというとデンデンで遊び飽きたらしく、今度は真面目にスルラ相手に変化魔法の練習をしていた。
3回やってやっと成功し狩場に少しデンデンが増えたがそれもつかの間、あっというまに元のスルラに戻ってしまった。それを見ていた周りの人は”マジック”でも見たかのように拍手を起こす。
 スクルにとってはほめられたのかけなされているのか分からず複雑な心境だった。
 ミケはというとカバンの中に入れていた青い椅子を取り出して寄りかかり、スクルの持っていた紙袋に入っていたリンゴを1つ貰いカシュっ!といい音をさせて食べていた。

 見上げると、青空がところどころ見えてきて、遠くにある世界樹に乾麺のような日差しがあたってるのが見えた。
 

10分後…
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-06 03:28 | スクルファー

目的、陰謀、そして策略

「まあ…1つ目の疑問から説明する。」
シオンが語り始める。
「お前をここに連れてきた理由…簡潔に言えば、俺達の組織がお前の能力を必要としている」
「……本当に簡潔ですね…」
「能力繋がりならあの女、スクルファーも対象外ではないのだが…アイツらと合流しちまったんで一旦引いた」
(アイツら…?)
アクロはスクルの事を思い浮かべた。確か、自分が市場に行く前はまだ1人だった筈…
(スーちゃん、誰と合流したんだろう…?)
「…何を考えている?」
「あ、いや、そ、それより組織っていうのは…?」
「…?まあ、説明すると…」
挙動不審なアクロの態度に不思議そうにしつつ、シオンの説明が始まる。

キニーネ―"Quinine"…とは、高い能力を持った者達が集まった組織、ということ―
シオンもその一員であること―
頭領は現在行方不明中で、今はシオン達が任務を遂行していること―

「…何だか、ろくな事をしていないような…」
「まあ、当然だな。殺人なんかは平気でする。その他にも拉致監禁人体実験」
さらっと言ってのけるシオンを前に、アクロは驚愕した―というか、呆れた。
「っていうか、そんなに情報さらさら教えちゃっていいんですか?」
「構わん。お前をここから出す気はないからな。伝達する危険性はない」
「…」
顔を伏せてしまうアクロを見て、シオンが喉で笑う。
「クク…心細いのか?」
「……っと…す…が……て……くれるから」
「あ?」
「きっと…スーちゃん達が…助けにきてくれるから…だから…

いい気になってんじゃねェ!

呟きから、いきなり怒声に変わってしまって、(本音ぽろり)アクロは自分でも驚いた。
しかし、シオンはさほど驚かずに、それどころか薄ら笑いを浮かべてアクロの方を見ている。
「ほぉ…威勢だけはいいみたいだな」
シオンの言葉に、アクロはまた顔を真っ赤にして俯いたのだった。

冒険者
[PR]
by mar_cancion | 2006-04-05 12:18 | アクローチェ