アクロとスクルとしーちゃんが綴る、波乱万丈毎日がドタバタなMapleStoryの物語。


by mar_cancion

魔法使いを目指して13


「スキル自体の説明は本に書いてあるとおり、あとは自分が習得したいと思ったスキルの先頭にある模様を軽くなぞるだけなんじゃ…そういうふうにな。」

そういって、ハインズはどこからか、別の本を取り出して模様をクルクルと慣れた手つきでなぞると、スキルの文字が光はじめた。
「そして、そのスキルを習得もしくは上達したいと念をこめる。」

軽く目をつぶったかと思うといきなり本の一部がまばゆいばかりの光を放ち、クラルは思わずめを細めた。
まぶしい視界の中でクラルが見たもの…
それは、文字が次々に空いた余白の部分に炙り文字のようにどんどん浮かび上がっていたのだ。
そして、光が収まるころには、詠唱文がはっきりと記されていた。
一息おいたあと、ハインズはクラルのほうをみて「どれ、かんたんじゃろう?」と笑って見せた。

目の前で起きた魔法習得のための動作が何かの儀式かの用に見えたクラルは、一段と目を輝かせて本を見つめていた。
しかしハインズは、人差し指をピンとたてて、1つ注意があるといった。
「この浮かび上がった詠唱文は、その人専用の文章。すなわち、他の魔法使いの先輩から本を借りても使えないから覚えとくんじゃぞ?あと、詠唱文を途中で中断すると、中断の仕方によっては魔力が暴発するから、最後まで詠唱に専念すること。」

その忠告にハイ!と元気よく返事をするが、全部果たして理解できているのかとハインズは不安になった。
[PR]
by mar_cancion | 2008-03-25 20:12 | 別作