アクロとスクルとしーちゃんが綴る、波乱万丈毎日がドタバタなMapleStoryの物語。


by mar_cancion

2人の騎士<一部改正>


 ヘクタの気配を感じ取ったユエは背にかろった荷物に手を伸ばし、身構えて相手の出方を待つ、あおぼーとスクルも遅れをとりつつもそれぞれ戦闘態勢に入った。

 冷たい雪混じりの風が谷間をびゅうっと通り抜け、思わずスクルは目をほそめる、あおぼーとユエも目を細めたそうにするが、戦いなれた二人はそれをぐっとこらえた。
 その風とともにヘクタが一斉に3人めがけて襲い掛かってきた。

 「き…きたぁ!」スクルは覚悟したはずなのにそんな間の抜けた声を発した
 「”コンボアタック”!」「”ドラゴンブラッド”…”サクリファイス”!」あおぼーとユエはというと各自の剣、ユエに至っては大刀を自在に振り回し、次々とヘクタをなぎ倒す。

 「スクル!なにやってんだよ!」ユエの激が飛ぶ。
 「ヒール頂戴すくる姉ちゃん!」2匹のヘクタと押し合いをしているあおぼーが助けを求める。
 慌ててスクルはヒールをかけた。

  「あー…生き返る…」そんなこと同時にいう2人を見て、まるで炎天下のグラウンドから走って、クーラーの良く効いた職員室に入った生徒のようだとのんきに思うスクル。はっと今の状況を思い出し、忘れないうちにブレスとホーリーシンボルもかけておく。
 
 「こんなことやっててもラチあかねーな、スクル、ヒール頼むぞ?あおぼー!」
 「分かってるよ、ユエ兄ちゃん!”
All fighters dwelling in me…Bark like a ferocious animal getting furiously angry!
Shout―――!

 そう言って、あおぼーはそのちいさな体から出てるとは思えぬほどの大声で詠唱する。戦士のスキルの詠唱分は比較的に簡単にできているため、あとは己自身の力に頼る。

 敵のヘクタとスクルはその大声にひどく驚き、目をしろくろさせていたが、ユエはというと、いくら専門分野が違うとは言えど、同じ戦士の使用するスキルは把握していたのか、塞いでいた耳から両手を離し、”つぎは俺の番だな”とニヤっとした顔つきで、大刀に闘気を集中させていた。

 「俺の中に眠る奥深き闇の漆黒の龍よ・・・俺の力を代償に、恐れ多き竜神のごとく、その威厳で敵を押しつぶせ!”龍の轟き”!!Dragon Roar!!





 
  くるりと容易に大刀・月牙刀を大きく振り回し、宙に大きな魔方陣が現れたかと思うと、
 詠唱通りの漆黒の龍の幻影が大きくほえ、大地震を起こす…


 ”制裁”
 

 荒れ狂う龍は一瞬にして、ヘクタの大群を押しつぶす
 その光景はまるで”神にひれ伏すかのよう”で、ヘクタは一匹足りとも立ち上がることができなかった。
 
 「どーだ、俺の…力…!」
 
 圧倒的な力の差を見せ付けられ、ただ立ち尽くすスクルとあおぼー。
 ユエはにぃ…っと勝ち誇ったように、口の端を吊り上げたかと思うと、フラっとよろめきバランスを崩す、かろうじてユエの体は月牙刀によって支えられている。
 
 「あー…疲れた…スクル、ヒール頼む。」
 
 以前ボーっとしていたスクルを現実に引き戻し、契約によって疲労した体を癒してもらう。
 一連の出来事にかかった時間は1分に満たない。
 
 調子も落ち着いたのか、ふぅ…と長く息を吐くユエ
 「ったく、こんな雑魚の軍団相手にあっけに取られるなんて…スクルもまだまだ修行が足りねーなぁ」
 「なっ…!悪かったね!どーせウチは役たたずやよーだ!」

 一段落したことによる安心の中で、痴話喧嘩をおっぱじめるユエとスクル。
 一番幼いあおぼーがどうしたらいいものかと慌てふためいていた。
 
 
   
f0001552_122471.gif

画:Sclfa


 あおぼーは、急いで話を変えようと試みる
 「そ、そういやさぁ。さっきの地震だいじょうぶかなぁ?大声も」

 そういったとたん、二人の動きがとまる。
 「まさかね、そんなことあるはずないよねっ!」
 慌てて撤回するあおぼーをよそに、スクルは青ざめた顔をする。
 色黒のスクルの場合、血の気が引いてもなかなかわかりにくいはずなのに、それがはっきりとわかる。


 ”相当危険を感じたに違いない―”

 そう確信したあおぼーは、目を丸め涙を溜め、さらに困ったようす。

 「ね、ねぇ?すくる姉ちゃん、いったいどうしたのさぁ!?」
 手のひらを高速でひらひらさせ、目の焦点の合っていないスクルに呼びかける。
 やっとのことで、しゃべり出したスクルの言葉は”どうしよう”

 ユエはそうかそうかとうなずいている中、あおぼーは真実を追究するため、スクルを左右に揺さぶった。
 そんなことしてても仕方ねーぞ、とユエがつぶやき半放心状態のスクルを肩に担ぐ
 スクルの深緑の目は、焦点があわねまま、かすかにこぼれた言葉。


 「な……なだれ…ぇっ……」
[PR]
by mar_cancion | 2006-10-20 12:03 | スクルファー